イエトシゴト。

イエトシゴト。

ずぼら母・ぽぽぽの家事時短実験メモ。家と仕事が楽になるヒントをお届けできればと思っています。

MENU

迷っているなら、しよう。保育園転園申請。

f:id:cuculuscanorus:20170927182440p:plain

 

転園申請は、必要?について考える

こんにちは。ぽぽぽです。

ご覧いただき、ありがとうございます😊

 

先日会社の先輩(ママさん仲間)と帰りが一緒になり帰っていると、

転園申請って、したほうがいいのかなぁ

と聞かれました。

 

私は上の息子が1歳児クラスの時に、歩いて20分弱の隣町の保育園に通わせていました。

2歳児クラスになる時に転園申請をして、運良く引っかかり

家の近くの保育園に転園して今に至ります。

私は、転園して、本当によかったなと思っています!

そんなわけで、転園経験者として、転園申請するかしないかの心構え的なものを今回はまとめておきたいと思います。迷っている人のヒントになればと思います☺️

まずは、なぜ転園を考えているのかを整理しよう

会社の先輩も、今の園のやり方などに大きな不満はないものの、

家から少し遠いことと、週1日お弁当の日があるのが大変なようで、家から近い認可保育所に出来れば入れたいなと言っていました。

 

帰り道の電車の中だったので理由はこの位しかお伺いできなかったのですが、私はこのお話を聞いて、

なぜ転園を考えたのか、自分の中で整理してみるという方法が効果的なんじゃないかと思いました。

ノートなどに簡単に書き出してみるのもいいかもしれません。

私の場合だと、

①満三歳の三月末までしかいられない保育園のため、幼稚園ORほかの保育園に必ず転園しなくてはならないときがくる

②今の家から、ベビーカーで急な坂を下がって上がってという登園ルートで、歩いて15分かかること

③今の保育園だと、隣町が最寄りになり、職場へ行くには自宅の最寄り駅に戻って乗り換えをしなくてはならない

というのが理由でした。

 

次に、転園申請をためらう理由について考えてみる

また先輩の話に戻ります。

でも、今通ってる保育園の方に言いづらいという気持ちがあったり

書類の手間がかかって大変とか、

転園申請がうまくいかず今の園にとどまった時が気まずいとか

そういう懸念があるようです。

 

でも、です。

上記のような理由でためらっているのなら、

転園申請、手間はかかりますがした方がいいと思うのです。

私の場合は、「家から近い保育園に転園したい、そしたら通勤も乗り換えがなくなるので…」

と先生にお話すると、

「そうですよね、それは大変。残念だけど申請頑張ってね。通ると良いね。」

と転園申請に必要な在園証明書を出してくださいました。

まずは、今の保育園に「転園するか迷っている」と相談してみるスタンスで軽くお話するのもいいんじゃないかなと思います。

転園申請するORしない、の根拠は?

保育園は子供が長い時間を過ごす場所です。

ましてや自分も毎日通う場所。

家から遠いとか、様々な理由で自分の中にマイナスの引っかかりがあるなら転園申請やるべきです。

気にしなくてはならないのは、保育園が変わる経験は自分たち大人よりも通い、多くの時間を過ごす子供の方がより大きいストレスになるということ。

また、せっかくできたお友達関係も一旦リセットされてしまいます。

そうした意味でも幼児クラスになってからの転園は乳児クラスでの転園よりも子供本人へのケアがずっと必要だなと感じます。

実際に我が家では、2歳児クラスになるところでの転園だったので

最初の保育園の記憶はもうあんまりないみたいです…

 

一方、我が家では今通えている保育園は当初の申請で1、2を争う行きたい園でした。

逆に相対的にみて、今の保育園よりいい[かもしれない]位の印象であれば転園申請しないほうがいいです。

もし転園申請が叶って、実際に行ってみたら前の保育園の方が良かったなんてことになりかねません…!

 

 

あくまでも通っているのは子供なので、そうなった時は子供本人が1番辛いです。気をつけましょう…

 

※2018年12月追記※

 実はこの後、2018年4月に我が家は引っ越しをして、ここに書いている転園先の保育園から遠くなってしまいました。(自転車で10分弱)

でも、この転園先の保育園が大好きなので(笑)、私は自転車登園で通わせ続けています。

子供たちも今の園が大好き。だから転園は考えていません^^

 

というわけで、そろそろシーズンな保育園転園申請のお話でした。

保育園は、自宅が近いというだけでははかれないものがあります。

保育園希望する方がみんな入れる世の中に早くなればいいなと心から思います。。

保育園のはなしはここでもしていますのでよかったらご覧くださいね。

www.popopomama.com