popopoblog

ずぼら母の時短実験と育児、仕事メモ。

保育園の洗濯物は多いので毎日洗濯することにした

子供たち2人が保育園に通いだして1週間です。

予想通り、といいますか、やっぱり洗濯物の量が増えました。

子供たちの通う保育園では

乳児クラスは給食後に必ず着替えをします。

乳児クラスは毎日服を2セット着るということに。

その他、食事や手洗いの時に使うタオル、エプロンなどは毎日洗濯。

また、週に一度、お昼寝用の掛け布団やバスタオルを洗濯します。

 なので、四月からは洗濯回数を増やしました。

これまでは2日に一回の洗濯でしたが

毎日するようになったのです。

 

そこで、思いがけず時短できたことが…

 

それは、洗濯もの畳みです。

2日に一回の洗濯だと

2日分の洗濯ものが洗い上がるわけです。

そうすると、一日分は

下着はそのままお風呂入ったら着ようとか、

タオルや布巾だったら交換してしまうと

畳まなくて良いわけですが

これがもう一日分あるということで

どうしてもその一日分は畳まなくてはいけません。

 

毎日洗濯することで、この1日分がなくなった!

と、まぁよく考えれば当たり前のことなのですが

洗濯ものをたたむのが小さなストレスとなっていた私には

とてもおおきな発見でした。

 

毎日乾燥機まで使ってしまうと

多分電気代と水道代はその分かさむので

なるべく外に干したいなぁとは思っていますが…

 

外に干す時も、2日分あると

物干し竿に干しきれない時もたまに出てしまう位で

干している私もぐったりでした。

ですが毎日洗濯していると、

もちろん量が半分強。

(子供たちの洗濯ものが増えているので

ちょうど半分にはなりませんでした)

さほど苦にならずに洗濯ものを干せます。

 

洗濯のなかで畳むのが一番面倒だと思っている方には

是非、毎日洗濯をオススメします!

 

あと、これが欲しいなぁ…

 

これを使っているお宅をこないだたまたま見ました。

壊れたりしないのかなと思っていましたが

一秒で引き抜くだけで洗濯ものが取れるのはやっぱり良いな!

壊れている様子もなさそうでしたし

次は買ってみたいなと思ってます。