popopoblog

ずぼら母の時短実験と育児、仕事メモ。

1ヶ月ご飯計画表作ってみた【1ヶ月後の検証】

四月の初めに1ヶ月分のご飯計画を作りました。

 

で、1ヶ月経とうとしているので、

どうだったか振り返ってみました。

f:id:cuculuscanorus:20170427140312j:image

写真でお分かりの通り、

すっごい変更しまくった笑!!!

(ペンで書いてあるところが実際に作ったものなので、

ペンだらけっすね…笑)

 

いい点と悪い点を挙げます。

◯いい点◯

①大体の予定が決めてあり、それに合わせて食材の注文もしてあるので

次に何を作ろうとか、

こないだ作ったからあれはダメだ🙅

とか悩む時間が大幅に減った。

 

②作ったものについて、以前は記録もしてなかったから記憶を頼りに

最近あれ作ってないなみたいな感じで料理していたが

それが無くなり、献立づくりにもやもや感が減った。

 

◯悪い点◯

①私の場合、生協の発注で野菜のセットを頼んでしまっているので、セット内容によっては献立の変更を余儀なくされる。

 

②仮に生協の野菜のセットを頼まなかったとしても、生協で発注できない食材を使った献立を計画していた場合、

献立の変更かスーパーで買い物を余儀なくされる。

 

③結構適当に献立を作ってしまったため、実はメニューの品数がたりなかったり

逆に家族の体調によっては食べきれなかったりというイレギュラーが発生することもある。

 

悪い点をあえて挙げましたが

それでも献立表、作って良かったです!

自分の記憶を頼りに料理するのは

2人子供いて、様々な家事して

仕事してとなると

頭はパンク気味で(^_^;)、

今後は献立のルーティン化を狙っています。

マキさんの『しない家事』を読んで、

マキさんのように平日夕食は炒め物だけ!

 しない家事

しない家事

と割り切ろうかとも思いましたが

うちの息子は炒め物、野菜があんまり好きじゃないので

これは我が家スタイルではないなと。

私が極限まで楽になるような夕食ルーティンをこれからも模索します!

とりあえず来月も献立表、続行だ!

 

仕事に不満がある時はゴールがわからない時かもしれない

先週金曜から職場復帰した雑感です。

 

昨日、私が復職したり異動があったりしたので

セクションの業務棚卸しミーティングが開催されました。

そこで、これとこの仕事はルーティンにしたいですねとか

週間ではこんなことをやりましょうとか

そういう話をしていたのですが

その中で

我々のセクションで今している仕事は

本当はここのセクションの仕事で…

とか

どちらかというと会社としてはこっちの仕事を求められているはずだから…

とか

そういうのを、私より年下(といってもアラサー)の後輩くんが

テキパキとリードしてくれました。

 

いや、それに甘えてぼんやりしていてはいけないんですけどね

という私の反省も込めてなんですが

 

私が勤めている会社はいわゆる中小企業で

目標作りであったり、そこへの数値目標であったりというところについては

少しふわふわした部分があるように思います。

それを落とし込むのは自分次第で

後輩くんひそれをわかりやすい形でチームに提示し

またそれを上司に共有する力も持っている。

私が若い頃って、力の強い上司に屈して、

先輩方もそうだったし笑、

これは自分の仕事か?と思いながらも

大して考察もせず提案もせず

言われるがまま仕事してた部分が多かったなと

彼の姿を見ながら感じました。

 

今、それちゃんとできてるかな?って自分に問うと

はい!とは言い切れない。

言われるがまま仕事してると

仕事が受け身になるからだんだんつまらなくなるし

不満も募って辞めたくなる。

ゴールが明確だとそこに向かってのアクションも計画も立てやすくなる。

当たり前のことだけど、これができる環境の人が全員じゃないよなと。

 

仕事をするには数値目標も含めて具体的なゴールを持つこと。

そしてそれを上司、チームと共有すること。

絶対に必要だよなと感じた出来事でした。

保育園行事とママ友との関わり。私の場合。

土曜日に、保育園の親子遠足がありました。

前回の記事で保育園に通ってればママ友要らないかもと書きましたが

そんな私の保育園親子遠足参加の話。

親子遠足には、保育園児の息子、娘ポポさんと夫、私で参加しました。

うちの保育園ではみんなで集まり、先生方の自己紹介のあと

子供たちのダンスと簡単な触れ合い遊びがあり、お昼食べて

また簡単なダンスがありお土産のお菓子をもらって帰るという流れです。

親同士の交流の場といえば、お昼の時で

ここでそれぞれの子供の自己紹介を親がしてお昼食べながら歓談、という形。

 

この歓談、難しいんです。

というか親同士ではじめましてだと話さない!笑

 ましてや乳児期って自分の子供のご飯の相手で精一杯だったりする。

歓談の余裕なし!って感じです。

年度初めての行事でしたし、ぎこちなさは満点。

先生方との方がおしゃべり弾んじゃう的な。

でもとりあえず初年度はそれでもいいんじゃないかなって私は思ってます。

だって、息子のクラスのパパママ方とは、

一年経ってだいぶ打ち解けて来ましたから。

特に気さくなご夫婦がいて、お二人が盛り上げてくださってるのもあるし

我が家の子供たちが行っている園は行事が多いので

一年間過ごすと準備やらでだいぶ打ち解けたのです。

だからそんなに気負わず、流れに任せればいいんじゃないかな〜。

同じ保育園親子の皆様、気負わず頑張りましょうね〜!

 

 

ここからはお弁当の話。

遠足の数日前に、息子に

「次の土曜日、遠足でお弁当なんだけど

何がいい?」

と聞くと

唐揚げ、フライドポテト、ソーセージ

という男子あるあるなめちゃ茶色メニューの返答…

とはいえリクエストはリクエスト。

この三品に、

茹でブロッコリーとおにぎりを加えて

1時間でお弁当の準備をしようとトライしました。

 

◯前日準備◯

唐揚げの下味をつける

ブロッコリーを茹でておく

お米とぎも炊飯器のタイマーセット

 

◯当日◯

①ソーセージ焼く→切ってピックに刺す

②ジャガイモくし切り→油で揚げ焼き

③唐揚げ粉類混ぜて衣にして揚げる

④おにぎりをにぎる(鮭フレークを混ぜたご飯とひじき煮を混ぜたご飯の二種類)

 

結果…1時間半かかり、その後バタバタしました(^_^;)

 

◯敗因を考えた◯

①揚げ物の鍋が小さく、唐揚げに時間がとられた

→うちの揚げ物用鍋は小さくて、唐揚げ4〜5個が限界…

これが一番時間を食った要因ですね。

そんなことわかってたんだからもっと大きな鍋で揚げ焼きにすればよかった…と反省。

②作業スペースが狭く、いちいち洗ったりしてモタモタ…

これも分かり切っていたことでしたが、うちの作業台はまな板一個分しかないので、おく場所に困って鍋洗ったりとモタモタ…

シュミレーションが足りなかった…

 

と反省メモなブログになってしまいましたが…

次は多分秋にお弁当イベントがあるので

それに向けてリベンジしたいと思います!!

 

保育園に通っているならママ友はいなくてもいい。

先日、近所に住んでいる友人とランチをしました。

彼女は、うちと同じく3歳と0歳の子供のお母さんで、

上のお子さんを四月から幼稚園に通わせています。

そんな彼女から、

今の保育園で、不満とかないですか?

って聞かれたんですね。

私は今の保育園に全く不満がなく、

「いや、全然なくって…

保育園の先生方はみんな保育園の外でも挨拶してくれるし、

迎えに行くと担任の先生はもちろん、それ以外の先生からも

子供達の様子を教えてくれるし

行事は多くて季節の行事も、餅つきとか色々してくれるし

本当にありがたくって。」

と答えたんですね。

そしたら、

「幼稚園は先生も少ないし

園であったことはまず一人一人保護者に話すことない。

子供本人から聞かないといけないけど

3歳だからどこまで本当なのかもよくわからない。

見えない不安がある。」

という答えが。

 

また、保護者のなかでグループLINEが早くもできているようで

ちょっと気をつかうことも多いんだとか。

 

子供にとっては3歳までしっかりお母さんの下で育つのも

それは素晴らしいことだと思う反面、

いきなりの環境の変化になったり、

親同士でも気をつかうことが出るんだなと

感じた出来事でした。

 

一方、別の子持ちフルタイムワーママの友達と会った時には

「学生の時からの友達も子持ちがいるし、

仕事もあるし、わざわざママ友は作らない」

と明言していたのです。

 

確かに私も子供いながら仕事をしていて、

正直ママ友作る時間がないし、

保育園のママ達は会ったら話すけど

お互い忙しいから付かず離れずの距離感。

でも、お互い頑張りましょう!みたいな空気があって。

さばけていてそれはそれで心地良かったりします。

 

保育園に通うなら、たしかに子供を介したママ友はいらないのかもしれません。

いたらいたで心強い仲間になれるとは思うけど

躍起になって作るほどでもないのかも。

1人目の育休の時は、

地方にいたし、地元でもなかったし、

友達居なかったから寂しくてママ友作るのに躍起になりましたけどね(^_^;)

でもママ友って作るの大変…本当に距離感が難しいので。。

1人目の育休の時の自分に言ってやりたいです。

「仕事始めたらそれどころじゃないし、

保育園のママたちも先生たちもいい人だから

躍起になって友達作らなくていいよ!」

ってね!

 

 

地方移住・Iターンで人見知りが、大人になってから友達を作るor一人でも楽しく過ごす方法を考える。

f:id:cuculuscanorus:20170419120943j:plain

昨日、復職前にチケットを消費しようとABCクッキングスタジオさんに行ってミルクレープ作ってきました。

 

で、なんでABCクッキングスタジオさんに行くことになったのか、ですが、

地方に引っ越したときに寂しくて暇すぎてどうしようもなかったからなのです。

誰も知り合いのいない土地に行くってすごく寂しいです。

当たり前だけど実際にその環境に自分の身を置いてみないと本気で実感できないのです。

ましてや大人になってから生活している土地を変えるということは

仕事をするか習い事でもするかしないと、人の輪は広がらないと実感しました。

そんな体験談のレポートです。

 

私は生まれも育ちも学校も仕事も関東でずっと実家暮らしでした。

が!結婚後、夫の仕事の都合で東海地方へ転居することになりました。

最初は、新しい環境だしと気を張っていたのですがだんだん引きこもりがちに…

人見知りなので、あたらしい友達を作る方法もわからない。

何かあった訳でもないのに寂しさのあまり家で号泣したことも2度3度ありました。

夫もいましたが、平日昼間は全くいないので人と話すことも激減。

すぐ会える距離に家族がいない、友人が一人もいないのは想像以上に辛いものでした。

 

このままではいけないと仕事を見つけ、スタート。

仕事をしだしてからは精神的にだいぶ楽になりました。

毎日仕事に行けば必ずやることはありますし、

誰かの役に立っているという感覚が自分を明るくしてくれました。

 

でも、地方の勤務終了後って、すごいヒマで…!

東京近郊なら、仕事帰りに買い物に行ったり、カフェで本を読んだり…

地方は、そんなお店、本当に少ないんです!

夫がシフト勤務だったので、夫や夜勤で夜いない日もあり

一人分の夕食も作りたくないし、とはいえ時間をつぶせるところもない…

そこで職場の人に勧められて始めたのがABCクッキングスタジオさんでした。

夫や夜勤の日は仕事の帰りにABCに行き、料理を作って食べて帰ったり。

ABCの先生方は皆さん褒め上手で、「才能ありますよ」「いいですね!」

といった褒め言葉をたくさん使ってくださる。

だから料理をしていても楽しんですね。

料理は普段主婦がやる分にはそんなに褒められないので、

他人に褒めてもらうだけでも自尊感情が高まって、

気分よくご飯を食べて帰ることができます。

ましてや、友達と共有する時間が減っている

私のような人見知り地方移住者には本当に神!!に見えました。

お友達を作るのはABCでは難しいですが、楽しく料理ができて私には十分でした!

 

習い事に気をよくした私は、学生の頃からの趣味だったダンスのレッスンにも通いました。

発表会にもでれて楽しかったですし、発表会にでたことで

人見知りの私にもレッスンの時にお話しするお友達ができました!

 

学生の時ならば同じクラスや部活・サークルといった共通点があり、

そうした枠でお友達も作りやすかったのに

大人になると一気に友達を作るのが難しくなりますね。

私のように地方へ移住してしまうと、孤独感が募って辛くなることも。

そんなときには習い事でお友達を作ってもいいし、

自己満足でも楽しみを見つけるでもいい。

大人の習い事はそんな効果があるかもしれません。

神奈川県で子供を遊ばせる無料施設。

今日は神奈川県内で無料で子供を遊ばせる施設を紹介します〜!

全部行ってみたところなので横浜市に偏っていますが…(^_^;)

 

日産ギャラリー@横浜駅

車好きな子供がいるお宅には助かってしょうがない。

ショールームになっているので試乗車乗り放題!

親は併設のスタバで交代で休憩してもいいですね(^o^)

http://www.nissan.co.jp/GALLERY/HQ/ACCESS/

 

②こども自然公園@横浜市旭区

相鉄線二俣川駅または南万騎が原駅から徒歩でいける無料の公園。

通称、大池公園です。

桜山やバーベキュー施設、通称の通り大きな池や、プチ動物園もあります。

アスレチックもあるので子供もたくさん遊べます。

お花見の時期もとても賑わいますよ!

http://www.city.yokohama.lg.jp/asahi/guide/shisetsu/midori/park/kodomoshizen/

 

 

③四季の森公園@横浜市緑区

JR中山駅から徒歩でいける公園です。

こちらもアスレチックがあったり、おおきな広場もあります。

噴水があって夏場はここで水浴びしても楽しいです!

また、ホタルが見られる公園です。毎年6月頃に見られます。

去年見に行きましたが、幻想的な光景で

都会の真ん中でホタルなみられる

貴重な公園です。

http://www.kanagawaparks.com/shikinomori/

 

相模原麻溝公園@相模原市

実はここ、昨日行って来ました!

駐車場代、入園料、展望台、プチ動物園入園料も全て無料!!

ポニーに乗りたい場合のみ100円かかります。

おおきな噴水や芝生、アスレチックに遊具もあります。

お弁当を持って行き、芝生でご飯。

子供が一日中遊んでも全く飽きないです。

駐車場も広いので午前中に着いた時にはまだ駐車スペースに余裕がありました!

駐車場も無料、というのはなかなかないのでお近くの方は是非!

f:id:cuculuscanorus:20170417165848j:image

芝生からの景色です!

http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/shisetsu/kouen_kankou/kouen_ryokuchi/005922.html

 

GWにお金をかけずにのんびりするのにいかがでしょうかー??

 

これから就活するあなたへ。「僕は君たちに武器を配りたい」は、就活の参考書よりも必携の本だ。

本日はこちらの読書メモ。

 

文庫版はこちら。

 

2011年、東日本大震災のさなか発刊されている本です。

あれから6年たち、情報の質としては少し劣っているかもしれません。

が、この本に書かれている本当の資本主義の時代、については

大変参考になるのではないかと思います。

 

今までの日本は護送船団方式という、国が守ってくれた資本主義だった、

つまり、本当の意味で資本主義社会ではなかったといいます。

今ではグローバル化が進み、

インターネットで簡単に世界とつながれる時代が来ています。

そうすると競争が世界規模になってくる。

世界中の人たちと、より良いものをより安く提供する競争社会になるのです。

たとえば英会話教室はいまでは通うだけではなくて

英語のできるフィリピンなどの学生とインターネットで会話する学習スタイル

が確立されています。

こうしてでどんどん価格競争の波にのまれていく。

また、商品の同質化が進んでいる

つまり、一定品質以上であればそれ以上のスペックは同じに感じてしまう世の中になっていると説きます。

確かに、ユニクロでも十分おしゃれで使えるから!と着ている人多いですよね。

 

私はこれを就活始める前に読みたかったな。

いや、大学入ってすぐに読みたかった。

うーん、10年生まれるのが早かった…!

 

 これからの時代を生き抜くために、

大学で学ぶ姿勢や、仕事の選び方について指南してくれます。

 

特に、学びについて、こんな記述があります。

「社会に出てから本当に意味を持つのは、インターネットにも紙の本にも書いていない、

自らが動いて夢中になりながら手に入れた知識だけだ。

自分の力でやったことだけが、本物の自分の武器になるのである。

資本主義社会を生きていくための武器とは、勉強して手に入れられるものではなく、

現実の世界での難しい課題を解決したり、

ライバルといった「敵」を倒していくことで初めて手に入るものなのだ。

そういう意味で、ギリシャ神話などの神話や優れた文学が教えることは、

人生の教訓を得るうえでも非常に有効だと私は考えている。」

 (本文から)

 

どうやったら自分人生、短い人生を悔いなく生きていかれるのか。

ちょっと壮大?でもこれにつきますよね。

私だって死ぬ間際になって

「あー!本当はこれがしたかったのに!」って

後悔しながら死にたくない!!!

 

本当の資本主義社会の時代に筆者は「資本家」として生きる道を

おすすめしています。

資本家、といっても、自分の能力や知識、力などの資源を、

自分でリスクをとって、自分で決めた・自分がいいと思った道・仕事に

本気で投資する人生を送ろうよという意味です。

嫌々会社にいて、なんとなく残業してお金をもらうなんて生活は

もしその会社なくなっちゃったらって考えると

それだけで特大のリスク抱えて生活してますよ!

といわれると、確かにそんな側面もありますよね。

 

この本読んで後悔しない生き方、仕事をしていこう。

 是非20代の方にお勧めしたい1冊です。