読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

popopoblog

ずぼら母の時短実験。

息子3歳、おやつが好き過ぎてごはん食べない問題

今週のお題「おやつ」

 

まぁ、なんてタイムリーなお題!

↑私には(^_^;)

 

うちの息子3歳、おやつが大好き過ぎます。

たしかにチョコとかクッキーとか甘いのも好きですが

お芋のチップスとか、ドライフルーツとか

そういう健康的?なおやつも大好き。

で、保育園から帰ると必ずおやつを要求してきます。

いやいや、もう6時半過ぎてるし、もう夕飯できるし!

といっても御構い無し。

おやつ食べながら録画してあるキュウレンジャーウルトラマンを見る。

それが彼の至福のひとときのようで。

大人で言うところのビールに野球的な?

…オヤジ的な発想(^^;;

 

で、先週金曜、

おやつも食べた後に夕飯を対して食べず、

もっとおやつ食べたい、もうごはんいらない

と言い出した困った息子。

お母さん、頑張って作ったんだよー

ごはんは元気にお兄さんになるためには必要だけど

おやつは本当はいらないんだよ

おやつは楽しい気分になるだけで、お兄さんにはなれないよ?

と説得したんですが…

 

3歳4ヶ月には響きませんでした(´;ω;`)

 

そこで、以前からもしていましたが

少しでもおやつをごはんに寄せてやれ!!

と、

おやつにじゃがいもの素揚げ

↑要はフライドポテト

とか、

手作りパンとか

↑といっても、検索して出てくる簡単なやつ!

 

そういうの出してみたりして、抵抗しています。

f:id:cuculuscanorus:20170522093738j:image

これは昨日作った全粒粉のぶどうパン。

ベーキングパウダー使用で、発酵なしの

いわゆるクイックブレッドです。

 

日清 全粒粉パン用 チャック付 500g

日清 全粒粉パン用 チャック付 500g

私はこれ使いました。
非常に素朴な味わいになりました。
クイックブレッドなので、ちょっとかためなのもさらに素朴さをアップさせており…
多分息子はふわふわな方が好きでしょうから、
できる限り本人の希望に添いつつ、
身体に良くなるようなおやつを与えられるように頑張ります。

 

 

 

沖縄の子連れ旅、カフーリゾートが神ってた!

ゴールデンウィークに沖縄に行きました。

小さな子が2人いて、

ごろごろ寛げる旅館でもない

ホテルに泊まるのは

非常に不安でした。

勢いで沖縄行きを決めたはいいが、

ホテルって言ったら

ベッドだし、

寝相の悪い息子絶対落ちるし、

ベッドまでは土足だろうし

床でごろごろされたら汚いなぁ…

と思ってました。

 

しかし!!

今回泊まった

カフーリゾートフチャクコンドホテルさん、

私のこんな不安を一蹴する

素晴らし過ぎる設備をお持ちでした!

 

小さな子供連れには神ってる、いや、神過ぎるホテルですので

お部屋レポートを残しておきます。

 

カフーリゾートさんでは、

子供連れに非常に優しいホテルとして有名。

暮らすように滞在できるホテルです。 まず、お部屋が土足ではない!

玄関があるということに感動しました!

 

そして、広々リビング!

f:id:cuculuscanorus:20170519173616j:image

大きなソファが二つあり、

テレビをみながらでも、

オーシャンビューな窓をみながらでも

 ぼんやりできちゃいます。

 

お風呂も広々。

普通のマンションのお風呂よりゆったりしていました。

f:id:cuculuscanorus:20170519173749j:image

f:id:cuculuscanorus:20170519174019j:image

とても清潔!

おしゃれでテンションも上がります。

そしてアメニティの

オリジナルシャンプー、ボディソープなども

リラックス感のある香りで癒されます。

 

そしてキッチン!!

乳児のいる家族にはこれが一番助かりました!

f:id:cuculuscanorus:20170519173937j:image

 ポットも用意されており、

ミルクを作るときにも◎!

また、コーヒーメーカーも用意。

f:id:cuculuscanorus:20170519174201j:image

夫が美味しいコーヒーを頂きました。

 

 ベッドルームはふた部屋。

大人4人で滞在可能です。

f:id:cuculuscanorus:20170519093704j:image

ここで、カフーリゾートさんの

私一番の感動ポイントが!

カフーリゾートさんでは、

家電や子供用チェア、食器など

様々なアイテムを貸し出して下さるんです。

(一部有料)

たとえば、乳児用だとバウンサーやバンボ、

美容家電や炊飯器なども!

我が家では

息子用の補助便座と、

ベッドからの落下を防ぐベビーガード

を電話で依頼しました。

どちらも無料貸し出し!!

 

しばらくすると、東南アジア系のスタッフのお兄さんが

部屋に持ってきてくれました。

 

ちなみにこちらのスタッフさん、

とてもワールドワイドでした!

様々な国のスタッフさんがいて、

外国の方もゆったりできそう。

 

しかも、ベビーガードは設置もしてくれました!

子供2人と私の3人で寝たいと言うと、

こんな感じでどうでしょう?と。

★ビフォー★

f:id:cuculuscanorus:20170519175002j:image

★アフター★

f:id:cuculuscanorus:20170519175039j:image

めちゃくちゃ広々!!

セミダブルくらいのベッドを二台くっつけたので

息子全く落ちず!

私もノンストレスで広々寝られて

本当神ってました!!

 

次沖縄行った時も是非こちらにお世話になりたい!

ゆったり家族旅行したい人には最高のホテルでした(^o^)/

 

 

 

 

 

娘7か月の初高熱!薬はどう飲ませる?赤ちゃんの味覚は?

きたきたきたー!!!

娘、昨日から生まれて初めての高熱です。

 

入園から1か月半。

兄は入園10日で発熱していたので

まだかまだかと思っていましたが、

とうとうやってきました、保育園の洗礼!

というわけで、今日もまだ熱なのですが

途中経過レポートです。

 

おとといの夜、寝てからもちょくちょく起きて泣く娘。

いつもなら夜寝ると3時ころまでは爆睡なのでおかしいなと思い

手をおでこにやると熱い!

鼻水もだーだー出る。

あ、きたきた、明日は出勤できないな…

と直感的に思いました。

翌朝、熱を測ると、案の定38.6度。

やっぱり…会議はあるが、やむを得ない。

 

一応、病気対策として、病児保育の登録は済ませていますが

娘は人生初の高熱だし、なにより7か月の乳児で離乳食も初期の終わりかけ。

こないだ2回食にしたばかりで、家では基本母乳で生活している娘。

私がいてやらないとと思い欠勤にしました。

 

小児科へ連れて行くと、

兄の風邪(土曜から鼻水めちゃめちゃ出てた)をもらったのではとのこと。

中耳炎になっていないので、抗生物質は出ず、

鼻水を出しやすくする薬のみ出ました。

娘は人生初の熱につらそうに常に泣いている。

だっこかおっぱいを常に要求。

いつもはしれっとしている娘なので相当辛いことがわかりました。

 

帰ってきてもおっぱいをおしゃぶり代わりにうとうとする程度。

着替えさせたり、濡れガーゼで汗をぬぐったりしました。

母乳以外ではミルクや薄めた麦茶など出しましたが

あんまり飲まなかったかな…

でも一口二口飲むとちょっとのどが潤うのか

にやっとしてくれました。

 

今日もまだ熱はありますが昨日より良さそうです。

 

で、赤ちゃんの薬の話。

薬がでると、どうやって飲ませようか?が問題です。

というか、問題だと思ってたんです。

私は、子供たち(兄も妹も)に、

乳児の間は薬を飲ませるのにさほど困っていません。

たぶんですが、赤ちゃんの間は味覚を作る時期だからか、

抗生物質などの苦い薬でも水に溶かしてスポイトで飲ませても

なんてことなかったのです。

 

診療化成 滅菌済スポイト 3ml用 100本入

診療化成 滅菌済スポイト 3ml用 100本入

 

 うちが薬局でもらうのはまさにこのタイプ。

 

でも、兄は1歳半を過ぎたころから、薬は苦い!

とそのままでは一切受け付けなくなりました。

そこで、チョコソース、アーモンドクリーム、水あめ、アイスなど試しました。

結局、一番よかったのはバニラアイスでした。

 

 うちはこれをスーパーでよく買います。抹茶好きの息子は抹茶味にすることも。

 

 抹茶最近なかなかスーパーで見ない…(´;ω;`)

あとは、ぶどう好きの息子、薬局でこれをねだられる。

 

龍角散 おくすり飲めたね ぶどう 200g

龍角散 おくすり飲めたね ぶどう 200g

 

 今はこれで薬飲んでます。ただぶどうゼリー食べたいだけな気がする・・・

娘もスポイトで薬飲んでくれるのもあと1年くらいかなぁ…

保育園選びには見学して優先順位リストを作ったよ。

保育園選びは本当に重要です。

なぜって、子供達にとっては寝る時間抜いたら家よりも多くの時間を過ごすところだから。

私も三年前に引っ越しをして一歳だった息子の保育園選びをしました。

 

そもそも私の地区は

保育園選びなんて、いってられない!

という待機児童激戦区ではないことや

認可保育所には所得が高いほど入りづらい地区もあるそうですが

そこまで私たち夫婦が所得が高くないということも幸いしているのだとは思います(^_^;)

 

とはいえ、一度保育園見学に行ってみると

いかに保育園ごとに個性があるのか驚かされます!!

建物や園庭などのインフラはもちろん、

教育方針やイベントごと、制服のあるなし、先生や子供達の印象…

初めて子供を保育園に預けるという方は

まず一度保育園とはどんなところ?と見に行くと良いと思います。

 

そして、見学に行った私は、こんなメモを残しました。

 

f:id:cuculuscanorus:20170515092631j:image

 

ちょっと見づらいですが、

私見での保育園の評価メモです。

私の考えだったり、夫からの意見だったりに合っているのか

◎→◯→△→×

の4段階で評価し、その理由をメモするというスタイル。

評価項目は

①施設

どんな施設か、綺麗か

(意外と汚い保育園、あります!

そして、そういうところは

大体先生や子供達も元気が無くて

ヤバいとこだって分かります…)

②先生

子供好きそうか、楽しそうか、

人当たりの良さなど。

意外とこれも園によっては大丈夫!?

ってところあります。

③給食

給食が給食センターから運ばれる所と

園で栄養士さん、調理師さんで作っている所があります。

おやつが市販だとか手作りだとかの違いもあります。

結果、うちの子供たちのお世話になってる園は

栄養士さん調理師さんが作って下さるところで

メニューもとても参考にしています。

④保護者の参加

連絡帳は何歳児までやるのか、

お弁当をもたせる頻度、

イベントへの参加具合など。

これも園によりバラバラで、

参加があり過ぎても辛いし

なさ過ぎても子供の様子が見られず分からないしで

バランスが人それぞれ合う合わないあると思います。

の四つにざっくりと分け、入りきらない部分を備考にメモしました。

 

あとは親戚にママさん保育士がいたので、

保育園選びのポイントを聞き、最終的に希望順位を決定しました。

☆保育士に聞いた保育園選びのポイント ☆

①家か駅から近いか?

毎日のことなので大切なポイントです。

②親の参加が無理のない程度か?

③保育士の人数や体制

④施設状況 綺麗か?など

 

私は見学リスト作って、メモして整理すると、

後で見たときに客観的になれとても役立ちました。

保活に挑まれる方はやってみてはいかがでしょうか?

自分の苦手な人を知るのは自分を知ること

私には苦手な人がパッと思いつくだけで2人います。

嫌いというより、苦手なんです。

一緒にいたり話したりすると

すっごい疲れたり、もやもや〜としたり。

 

距離をとったりとか、Facebookブロックしたりとか(^_^;)、

逆にわざと交流を持ってみたりとか

色々やってみたんですが

やっぱり苦手意識は拭えなかった。

 

でもこの前ふっと、降りてきたんですよ!

なんでこの2人が苦手だったのか!

そしたらなんだかスッキリして、

この感じなら、これから上手く付き合っていけるかも?と思ったのです。

 

で、なぜ苦手だったのかの、理由ですが

私がしたくても我慢していることをしているから

だったんですね。

私が苦手な人は

人の懐に大胆に飛び込んでぐいぐい話を進めたりするのが上手かったり

そのためかこちらの都合とかあんまり聞いてくれず

◯◯やりたいんだ!協力して!

とか言えちゃったり

仕事もやりたい仕事しかしてなかったり

 

と、まぁ言ってみれば自由なわけです。

その自由さが私には無責任に見えて

話も噛み合わない感じがして

どうにも苦手だったわけです。

 

でも、私はこのくらい自由に話したり行動したりしたいのに

理性とかでそれをブレーキかけてるんだろうなと

気がつき。

ブレーキをかけてない人を羨ましい気持ちと、ずるいって気持ちが混ざって

苦手意識が発生するんだなと。

 

一度しかない人生ですから

多少嫌われることはあっても

自分にいいように生きた方がストレスないんだろうなと。

だから私もちょっとずつ、我慢するのやめてみようっと。

 

そんなことを気づいたあたりに読んだ本がこちら

 

 この本は

◯◯するべき

とか

◯◯しなくちゃ

っていうのをやめて、

◯◯したい!!

ということにもっと時間を割こうよ

ということに終始して話しているように私には読めました。

それがなかなか難しいので

手を替え品を替え、色んなアプローチやワークから

リハビリさせてくれます。

 

人付き合いもそれと同じですよね。

会いたくない人に会うことも必要な時もあるけど

私のように苦手な人から気づきを得るかもしれません。

好きな人とだけ関われたら最高なのかもしれないけど

なかなかそうもいかないので笑

自分がめちゃめちゃ苦痛にならない程度に、

楽しく人間関係も築いていけたらいいですよね。

 

朝を上手に過ごしたい

朝。

今日もばたばたで出て来ました。
残念ながら今日は息子に歯を磨いてやれなかった(*´Д`*)
 
朝って、どうにも上手に時間が使えない。
使いたいけど使えない。
 
朝、私がやっていることリストはこちら↓
◯洗濯物干し(20)または乾燥機オン!(3)
◯夕食作り(30-45)
◯残ってたら昨日の夜の洗い物(5-10)
◯保育園の連絡帳2人分記入(5)
◯部屋の片付けや掃除(5)
◯朝ご飯支度(5-10)
◯子供を起こす+体温測定(10)
◯子供と朝ご飯、息子に歯ブラシ服薬(20)
◯娘授乳(10)
◯子供2人着替えさせ(8)
◯自分の身支度(10)
 
()の中の数字は大体の所要時間です。
今ざっくりとこの数字を足してみました。
幅をもたせたものは最大の数字でカウント。
すると…
163!!!
2時間43分!?!?!
 
そりゃ時間足りないわ…
だってこれを起きてから2時間程度でやろうとしていたんですから。
これに息子の仮面ライダーみたいー!だのの
駄々こね対応が加わる…( ̄◇ ̄;)
 
朝の時間割を作って、やることとやらないことの棚卸しをしてみようかな
と、この結果を受けて実感。
 
ばたばたしない朝を過ごすため、ちょっとずつ準備しますっ。
同じくばたばたした朝を過ごしている方、
もしかしたら私のように
物理的に無理のあるスケジュールなのかも!?
この作業時間のカウント、現状把握にオススメですよ〜!
 
 

3泊4日の沖縄旅行、旅じたく。

ゴールデンウィークに、沖縄へ行ってきました。

 日程は三泊四日。何を持って行こうか頭を悩ませ、携帯のメモに書いて行ったのですが、その量が半端なかった…!

 

私➕子供2人のものだけで、海外旅行のトランク一個分!!

夫のは別に持って行ってもらいました…

 

で、その中身ですが、

私の服は写真のものと下着類、サンダルのみ。

f:id:cuculuscanorus:20170508092321j:imagef:id:cuculuscanorus:20170508092338j:image

左の写真から。

上から、半袖Tシャツ2枚、長袖Tシャツ1枚

下はパンツ。白いものは着ていき、茶色とスウェットのものは持っていきました。

スウェットのは寝る時にも使えて便利。

 

右の写真は、

左から紺ブラウス、ピンクブラウス(これは着て行った)、ストライプのワンピース、ロングカーディガン

 

沖縄という土地柄汗はかくだろうと思ったのでトップスは毎日分➕予備を用意しました。

 

子供達のは量が多すぎて写真断念したのですが…

以前九月のシルバーウィークに会津に行った時

息子が汗だらっだらで1日2回着替えたことがあり

1日あたり2セット(下着、Tシャツ、パンツ 娘は下着とカバーオール)用意しました。

子供2人1日2セット、とんでもない量でした。。

それにオムツ、おしりふき、息子のサンダル、念のための薬関係、子供達の帽子と羽織、抱っこ紐、子供達の水着、水遊び用タオル、水遊び用オムツ、哺乳瓶、ミルク、調乳用のお湯を入れる水筒、カメラ

 

トランクを飛行機の手荷物に預けたら18キロ…!

どーん!!!

私の両親も一緒に旅行に行ったので夫と私の両親にだいぶ助けられました。

 

で、実際に使ったかどうかが、これから行く人には必要な情報かと思います。

使ったもの使わなかったものをあげますね。

☆使ったよ!☆

☆哺乳瓶、ミルク、水筒

→母乳育児の人にはいらないかも?と思いましたが、

保育園でミルクに慣れていた娘のおかげもあり、大活躍!

旅行先って授乳に困るシーンが結構あるのでその時などに活躍しました。

 

☆羽織

→やっぱり必要でした…!だけど、パーカーではなくシャツくらいの厚さで良かったなと後悔。

 

★いらなかったよ…★

★水遊び用タオル

→ぶっちゃけ大きいのはいらなかったなと。

ホテルのを使えば良かったなと思いました。

旅行の初日または最終日に海に行く人は必要ですね。

 

★着替え

→2日で3セットくらいで良かったかなと。

沖縄は車移動も多く、

ずっと外で遊ばない限り1日2セットは多すぎでした。

 

★水遊び用オムツ

→本気でプールで遊ぶなどなら必要だったかもですが

磯遊びとウエットスーツ着用のシュノーケリングだけだったのでいらなかったです。。

一応きさせましたが。。

 

という感じでした。次の旅行はこれを活かして極力身軽にいきたいものです。